ブログ

刑務所内の作業はいったいどんなことをしているのか | ロックアップ梅田店

2017.05.25
こんにちは!監獄レストランザ・ロックアップ梅田店です。

皆さん犯罪を犯した受刑者の人たちが刑務所内であるお仕事をしているというのはご存知でしょうか?

実はほとんどの刑務所には工場が併設されておりそこで何らかの商品を製造しています。

ロックアップ梅田店ではお客様に何か作業をさせるということはありませんので安心してご来店ください。

刑務所内作業について詳しくご紹介します。

犯罪者たちも働く

[caption id="attachment_960" align="alignnone" width="300"] OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption]

懲役とは字の通り懲らしめて(役)働かせるという意味です。

服役中は休日以外は必ず工場で働かなければいけません。仕事内容としては大量に作られる封筒作りや紙袋作り、灰皿づくりやバケツ作りなど様々です。

受刑者の中でも専門技術に長けた技術や知識を持っている人はランクが上がっていきます。

ランクとしては10等工~1等工まであります。規定月である程度のレベルまで達したと刑務官が判断すればランクが上がります。

このランクが上がることで仕事の給料が上がります。

ここで驚く方もいらっしゃるかもしれないのですが「受刑者にも給料は出ます」

しかし極めて低賃金です。

刑務所に入りたての10等工は時給6円10銭しかもらえません。ほかに加算金などはありますが1ヵ月頑張って働いても月900円程度にしかなりません。

1等工になったとしても月5000円程度稼ぐのが限界です。

全く効率的とは言い難いですよね。

労働時間は8時間
平日は必ず8時間労働します。残業はありません。土日は絶対に休みです。

また、私語が厳禁な為、とても静かな空間で仕事が行われるそうです。

私語が見つかると懲罰の対象となります。

また、会話が必要な場合は担当官にいちいち許可を求める必要があります。トイレの時間も決まっているため自由にその場から抜けることはできません。

まとめ


いかがでしたでしょうか!受刑者はこういったように懲役を行います。

お金を稼ぐことだけを考えるととても良い仕事とは言い難いですね。

こういった施設とはかかわることがないようにしたいですね。

ロックアップ梅田店はお客様に懲役のような苦しい作業はさせません。

実際の刑務所よりはるかに楽しい場所なのでお気軽に足を運んでください!

 

 

監獄レストランザ・ロックアップ梅田店は監獄個室の異次元空間で味わう

ドキドキ&ワクワク暗黒の創作料理&怪奇演出カクテルを堪能できる

体験型レストランです。

飲み放題付きのコースもございます。

ご要望・ご質問等ありましたらお気軽にお問い合わせください。

 

電話番号050-7576-5644

 

Twitterはこちら

Instagramはこちら

 

監獄レストランザ・ロックアップ梅田店PR担当でした!

ザ・ロックアップ梅田店について-梅田個室-

店舗名 ザ・ロックアップ梅田店
所在地 〒530-0027 大阪府大阪市北区堂山町4-12 白馬車ビルPart1
電話番号 050-7576-5644
営業時間 月〜木・日・祝日
17:00〜翌1:00
(L.O.24:15、ドリンクL.O.24:40)

金・土・祝前日
17:00〜翌3:00
(L.O.2:15、ドリンクL.O.2:40)
定休日
アクセス JR 大阪駅 徒歩3分