ブログ

知識だけでも持っておこう!監獄の基礎知識|ロックアップ 梅田店

2017.02.6
こんにちは、ロックアップ梅田店です!

 

皆さん、「監獄」と聞くとどんなイメージを持つでしょうか。

普通に真面目に生活していれば、まず関係を持つことはないでしょうが、

それでも、基礎知識として持っておくことは、意味のないことではありません。

なぜなら、世の中には、いろんな人がいるからです。

他人を罠に嵌めたりする人も中には存在します。

もし運悪く、そんな人と関わりを持って、

図らずも監獄とやらに係わってしまったりすることも、

無いとは言い切れないからです。

 

そんな時、監獄の基礎知識があるのと無いのとでは、

心構えに天と地の差が出てくることになるでしょう。

少しでも余裕を持てるようになれば、

次の手立てを考える準備ができますから。

危機から脱出できる確率も、少しは上がるのではないでしょうか。

 

それでは、監獄について説明していきます。

 

522

監獄とは

監獄とは、体の自由を束縛する刑罰を科せられた受刑者や、

刑事被告人並びに被疑者等を強制的に収容する刑事施設のことをを言います。

監獄は法務大臣の管理下に置かれており、

懲役監、禁錮監、拘留場、拘置監に区分されています。

 

日本にはかつて、監獄法という法律がありました。

明治41年に制定された法律で、それが平成まで使用されてました。

それで、現実にそぐわない規定があったり、

定められているべき事項がなかったりしたため、

平成18年に廃止されました。

監獄とは、廃止された監獄法下での刑事施設の呼び名になります。

つまり、今の刑務所のことを言います。

刑務所は処遇指標により分類されており、受刑者の属性により、

それに適した殊遇指標の刑務所に収容されることになります。

例えば、女性はFの処遇指標を持つ刑務所に、

また16歳未満の少年はJtの指標を持つ刑務所に収容される等です。

 

800px-域多利監獄

刑事施設の種類

逮捕された人が最初に入る所が、警察署内の留置施設です。

事件が警察から検察に送られると、判決が出るまでは、拘置所に入れられます。

判決が出て、有罪になったら刑務所に入れられます。

但し、死刑囚だけは、刑務所ではなく拘置所に留められます。

なぜなら、死刑囚は、死刑執行が刑罰であって、

刑務所に入って働くことが刑罰ではないからです。

 

kanngokusmall

 

まとめ

監獄というのは監獄法下での施設だったのですね。

明治に制定された法律が平成まで使用されていたなんて驚きですね。

でも安心して下さい。

日本は法治国家ですから、普通に真面目に生活していれば

まず御厄介になることはありませんから。

しかし、念のため最低限の法律の知識は持っておいた方がいいかもしれません。

8

参考url
https://kotobank.jp/word/%E7%9B%A3%E7%8D%84-48736
http://www.weblio.jp/content/%E7%9B%A3%E7%8D%84
http://keimusho.net/bunrui.html
http://doragon.info/ryuutisyo/

 

監獄レストランザ・ロックアップ梅田店は監獄個室の異次元空間で味わうドキドキ&ワクワク暗黒の創作料理&怪奇演出カクテルを堪能できる体験型レストランです。

飲み放題付きのコースもございます。

ご要望・ご質問等ありましたらお気軽にお問い合わせください。

 

電話番号050-7576-5644

 

Twitterはこちら

Instagramはこちら

 

監獄レストランザ・ロックアップ梅田店PR担当でした!

ザ・ロックアップ梅田店について-梅田個室-

店舗名 ザ・ロックアップ梅田店
所在地 〒530-0027 大阪府大阪市北区堂山町4-12 白馬車ビルPart1
電話番号 050-7576-5644
営業時間 月〜木・日・祝日
17:00〜翌1:00
(L.O.24:15、ドリンクL.O.24:40)

金・土・祝前日
17:00〜翌3:00
(L.O.2:15、ドリンクL.O.2:40)
定休日
アクセス JR 大阪駅 徒歩3分